いぬにっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010 続き

今日は久々に一日オフです。(セレブ風)

年始に旅行に出てしまって、ばたばたとスクーリングいったり幼稚園の研修が始まったり、塾の仕事も始まったりで
なんとなく別に忙しくないけどばたばたとしてたんですが、

どうにもこうにも、例の「洋服が決まらなくて卒業式に出れない」
という、ここずーーっと10年以上いーーーーっつも見る同じ夢を
毎日見るようになり、昨日と今日に至っては「誰かに殺される」シーンまで追加という始末。

あ、これはなんかのメッセージだなと。無視してはいかんなと思いまして
2010年の決意なんぞをしてみたいと思いました次第です。

そろそろ花粉も来るし、花粉が来たらあっという間に春だし。

2009年は、海外旅行もたくさんしたし、専業主婦だったし、時間が自由に使える愉快な友達にも恵まれ
まぁ、良かったんじゃないかと思います。
が、良いことばかりじゃなくて、ニューな試練というかチャレンジを始めた年でもあり、
精神的には辛いダークな暗黒な一年だったかもしれん。

このブログは基本明るいことを書きたいということもあるので、
ダークなやつは、情報収集も兼ねて別ブログにて書き連ねておったのだが、
結果、そっちの更新の方が増え、そしてTweetしてるうちにこっちのブログもリアル日記も滞っておったわけです。

そうやって、ダークなやつをなんとか浄化させようとしてきたんだけど、
「ねえ、そろそろ働いたら?あんた働くの好きじゃん。やりたいことやらなきゃだめじゃん」
という心の声と
失業保険が年末に切れる、というタイミングで、職探しに力を入れたところ、
児童英語講師と塾講師というダブルワークをゲットできたのであります。
しかも、どちらも午後からなので、午前は大学の勉強ができますし一石二鳥。

それに、児童英語講師は、夢っつうか、夢へのステップの一つなので絶対に経験しときたい職だった
わけで、この年にしてまったくの未経験でもがんばったらゲットできるもんなんだなとも
思いまして自分に褒め!みたいなね。

どうして、「学ぶ」ことに縁があるのかなあとたまに思うんだけど、
「卒業式に間に合わない」っていう夢をほんっとによく見るので、
なんか「学び」に対しての後悔があるんだろうなぁって思います。

なので、学び関係で生きていこーと思ったわけです。

私の人生設計は、ぶっちゃけこれからなのです。
今までは10年「会社員」としてそれなりにやってきましたが、やっぱりどっかに属していたわけで、
その中でいかに能力を発揮して給料が上がっても、嬉しくないっていうか。私はね。

あんなにしがみついていた給料と役職、会社員という安定ですが、離れてみると
「なんだったんだろう」とも思う。自分の働き方は会社の中で、というタイプじゃなかったのかなぁとか。
今までの「会社員」として働いた中でも一番楽しかったのは、雑誌編集(ライター)と塾講師。
やっぱり、自分しかできない、と思うことに喜びを感じたのかなーと。あと好きなことだったし。

両親が自営っていうのもあるけど、
自分で切り開いていかにゃあいけん、という強い思いもどこかに眠っていたようで。
これからは自分のためにというか、そんな感じでいこーと思います。

50とか60になったときこうしてたいなっていうのはパッと浮かぶんだけど、
短期的には見えない。

ということで、まぁ、他にクリアしたい問題もあるけど、
とりあえずゆっくりと丁寧にお仕事してイコーと思っております。はい。

あぁ、これで今日は嫌な夢を見ないですむかな。


最後に。
「なんのコメントもない年賀状って何だろう」って毎年思います。

スポンサーサイト
  1. 2010/01/21(木) 11:09:04|
  2. 一人の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<来た。そして今年も完全に出遅れた。 | ホーム | 2010年>>

コメント

ゆぴこの寒中見舞いは一言あるけど意味がわかんなかったお。
あたしの年賀に対する返事なのかなぁ?
でも何書いたか覚えてないやー。
  1. 2010/01/29(金) 17:18:49 |
  2. URL |
  3. くぅたん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lovebuzz95.blog51.fc2.com/tb.php/913-acbee3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。