いぬにっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「当たり」のホームステイとは

一連のコリアン2人組の行動を見ていて、
国際人とは、共存とは、社会とは、そしてホームステイとは
を考えてしまいました。

あぁ、私ってヒマ深い。

実際、ホームステイに「当たり」「ハズレ」はあるかもしれません。
夜ごはんはパン一枚だけとか、子守をさせられる、掃除ばっかりさせられるなど、
ひどい話はよく聞きますから、本当にお金だけのために
この制度を利用している家族に当たったら、きっと留学生活は悲しいものになるでしょうね。

そういう意味でいうと、今回お世話になってるところは確実に「当たり」だと思います。
みんな明るいし、優しいし、辛いときは本気で心配してくれるし、嬉しいときは本気で喜んでくれる。

なのに、彼らを怒らせてしまったコリアンガールズ21歳。

つまり彼女たちは「ルールを守らない&常識に欠ける」わけです。

ここんとこ、毎朝ママの愚痴を聞いてます。
基本、底抜けに明るい人なので、愚痴をいう時も全開です。

・ルールを守らない
例えば、何回も、そう、何回も注意されてるのに、勝手にキッチンを使って一週間分のランチを作る。
そしててんこもり作って部屋にごはんを隠す。
どでかいボールにてんこもり詰まれたご飯を見たときはビックリしました。
(最近家であんまり話さないなと思ってたら後ろめたかったんだなと。)

・常識に欠ける
洗濯物を干す場所がなかったらしいのですが、他の人が干してる(ほとんど乾いてる)シャツの上に
彼らの濡れたシャツを干す。何故かいつもバスルーム周りを水浸しにして掃除をしない。

とか、簡単に例をあげるとこんな感じ。

ママが今日はついにブチ切れて、説教したところ
「ランチ作って良いって言ったじゃん」って逆キレしてました。

え、この期に及んで逆切れ?
と思いましたが、
どんなに英語がダメな人でも、あんだけ言われてたらわかるはずだし、そもそも初日に「ホームステイの心得(英語じゃなくて生徒の母国語で書かれている)」をもらうんです。

つまりです、常識やマナーの欠如はもう育ちの問題だからなんとも言えないけど、
彼らはどうしても自分の国の味のものを食べたかったみたいです。

「国際人」というのは、
自分の意見を他人に伝えることができ、自国の文化を深く理解したうえで、
他国の文化や人を理解して尊重できること。
と学校で習いました。

まったくその通りだと思います。
これからの世の中、英語だけしゃべれればいいのか?ってーとそういうわけじゃないです。

オージーの家に住みながら、オージーの家族の前でも韓国語でしゃべり、自分の国のご飯を食べたいからルールを破ってご飯を作る。

そんなに食いたいか?ぶっちゃけ。
自分が何でも食べれる体質だから理解できないだけなのかしら。
いやいや、自国を愛する気持ちはとっても大事だと思う。
思うさ。

もちろんママは「ランチを作りたいってお願いされればYESと言っただろう。」って言ってます。
家族がでかけた隙を狙ってごはんを作り、部屋に隠す、という行為がもうだめなんでしょうね。
まず話し合えばよかったのに。

我々はお金を払ってここに住んでるわけですが、
対価は食・住の提供ではなく、異文化と共存、つまり現地の人の生活を一緒に経験できること
だと思ってます。

そしてもちろん社会で生きてく上での最低限のマナーと、一緒に暮らす上で必要なルールをきちんと守った上で、成り立つ信頼関係。

これができてこそ、ホームステイは間違いなく「当たり」になるわけです。
逆キレしてたところを見るときっと彼女たちは理解できていないと思う。
「ここのホームステイ最悪」って思ってるかもしれません。
彼女たちにとっては「ハズレ」の4週間になったわけですね。

だから「はずれ」のホームステイっていうのは案外あんまりなくって、
ちゃんと共同生活できない自分のせいで「ハズレ」にしてしまってる
ケースも多いんじゃないかなって、思いました。

でもこれを機に、彼らが何か学んでくれるといいなと思います。
せっかく21歳という輝かしい年代に一年間も留学できるんだから。
まじで羨ましい限りです。

まじでさー「ワーホリ?」って聞かれるたびに
そんな年じゃないだけどって思いながら
「ううん、観光」
「え?観光????」
というやり取りをするこっちの身にもなってみてほしいという話しです。


どうでもいいけど、「共存」つながりで。
「どこ行ってもチャイナタウンってあるなぁ」と思ってたのは私だけではなかったと思った記事。
「迷惑な街」チャイナタウン、現地社会と「同化」できない中国移民―イタリア


※別に国民性を批判してるつもりは100%ありませんのであしからず。辛ラーメン毎日でも食べれます
スポンサーサイト
  1. 2009/04/15(水) 19:37:22|
  2. 一人の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<改めて見たら | ホーム | ぱぴすけの好きなこと>>

コメント

会社の中国人が"中国人は世界中どこにでもいる"ってゆってたもん。
同国民ですらそう思うのよ。笑
  1. 2009/04/17(金) 16:01:29 |
  2. URL |
  3. くぅたん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lovebuzz95.blog51.fc2.com/tb.php/841-9836af48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。