いぬにっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バスに乗って

ところで、私はバスに苦しめられてるわけ。
シティといわれる、街のど真ん中までバスで40分くらいかかるところに住んでいますが、
なかなか来なかったりして待たされたりしてさ。
大体、「停留所を教えてくれない」ので、行きはいいけど(最終地点だから)帰りなんて
未だにわかんないんだよね、どこでボタン押していいかさ。

そんでもって、いっつもiPodなんて聞いてらんないくらいアセっちゃってて、
この辺かな、この辺かなと思って毎回早めに押しちゃうもんだから
「ごめん、次かもしんない」
みたいなこといってたら
「AGAIN?またかよヴォケ」
みたいな感じで、ついに運転手に顔覚えられちゃったわよ。
どーしてくれんのよ。

一番前は優先席なんだけど、
「てめぇはこの席に座っとけ、教えてやっから」
って言わちゃったわよ。
どーしてくれんのよ。
結局、ええおっさんじゃないのよ。

てーーーゆーかぁああ、
東京に住んでたら地下鉄だって2分間隔で来るし、
普通の電車かて10分待つってことも殆どないしー、
ましてやバスなんて「頑張れば歩ける距離」を乗るくらいなわけ。
大体、今まで「門限」なんてものに縛られて生きてきたことないし、
だから、バスの時間を気にして暮らすってことが、、、、辛いわけ。

というわけで、今日は学校の子とビーチに行ってて、
最終バスを逃してしまいました。
21時くらいになってしまって、さすがに暗くてこわーい。

やってもた。

やってもたわーーーー。

泥酔でこれじゃなくて良かったと死ぬほど思ったんだけど、
とりあえず頭は冴えてたから、
同じ方面に行きそうなバスにとりあえず乗って、
できる限り近くまで行ってからタクシーを捕まえるという作戦にした。


しかし、夜道は暗い。
ただでさえ、毎回降りる場所がわかんないのに、
「できる限り近く」だぁ?
てめーはそれがわかんのか、おーーー?このうすらはげ!(自分への戒め)

日本人は大体若く見られる上に、私は幸か不幸か実年齢より若く見られます。
つまりこういうときに「アジアな童顔」は役立つわけです。

「おじちゃん、Putneyというところに行きたいの。Princess stなの。できる限り近くで降ろしてください」
この一重の細い目で訴えてみたところ、おっさん、またいい人で
また一番前に座っておっさんの指示通りの場所で降りてみた。

「この辺だから」

えーーーーーーーーーー
くーらーーいーー
こーわーーーいーーー
つか、ここどこーーーー。


ゆきめげない!!ふんっだ!!
と思って、近くにいたド派手なおばちゃんに「Putneyに行きたいんだけど、ここから歩けるかな」
と聞いたら、そのおばちゃん、タクシー待ってたみたいで
「私も同じ方向に行くから、一緒にタクシーに乗りんさい」と。

結局、おばちゃんと一緒にタクシーに乗って、
おばちゃんは10ドルを私に渡して先に降りました。

バスのおっさんのゆうとおり、結構近くにいたみたいで
6ドルだったので、おつり4ドル。
おばちゃんがくれた、愛のお駄賃。

バスがない!と思ったときは毛がまた抜けたけど、、
基本、みんな親切です。


人生なんとかなるもんや。
ありがとう。
涙の4ドル。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/22(日) 08:29:20|
  2. 一人の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<脱サラ | ホーム | まとめて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lovebuzz95.blog51.fc2.com/tb.php/815-3e245a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。