いぬにっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウォシュレットと音姫

音姫」っつーのはあれだ、
おしっこの音をごまかすための「擬似流水音」だ。
http://www.shimokan.com/video.wmv
聞いてみよう。
やはりあくまでも擬似は擬似
リアルおしっこの音を被せると、完全に判別可能なのである。
というのを避けるため、多くの女子共は
「MOTTAINAI」ことに、水を流しながら放尿するのである。
まぁしかし私は大雑把O型エコ人間しかも柔軟なので、
アメリカ人よろしく、基本「音姫」なんか使わないし、水も流さない。

んだが、
前の会社は、エレベータのまん前が女子トイレだったため
様々なエレベータ待ちをしている
人々に放尿の音が聞かれてしまうので「音姫」を使っていた。
想像してみてほしい
大事なお客様をお見送りする大事なシーン、エレベータを待ちながら
「今日は直帰ですか?」
「いやいやいや、それだといいんですけどねえ」
「あら、戻られるんですか、大変ですねえ」
なんてどうでもいい会話をしている微妙な時間に
「じょーーーーーー」
なんて音が聞こえてきたら、まとまる商談もまとまりません。
だからわたしは、社会人として「音姫」を使っていたのだ。

前の会社は、「音姫」のボタンが便座にくっついていた。
なので、
トイレにいって
便座に座ると同時に右手でポチっとおしてたわけ。


でも、今の会社は、「音姫」が壁に取り付けタイプなわけ。
便座のよこには「ウォシュレット」のボタンしかない。

そうなるとどうなるかというと

十分に気をつけない場合、
便座に座ると同時に
「ウォシュレット」のボタンを押して、放尿することになる。

さらに、そうなるとどうなるかというと

上から放水しているにもかかわらず
下からも放水されている
というミラクルな状況になるのです。

つまり
上からの放水力が負けた場合
下からの放水力が勝つわけですから、
わかりやすくいうと

おしっこが、若干水に薄まった状態で跳ね返ってくる
という最悪の事態を引き起こす

というわけです。


水洗トイレの「おつり」なんてもんじゃありません。

どうしたらいいのでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/21(月) 00:17:17|
  2. プチ不幸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<貧乏 | ホーム | 入籍について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lovebuzz95.blog51.fc2.com/tb.php/654-9033ee8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。