いぬにっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぱぱがひきこもりじゃなかった

ぱぱのご両親にご挨拶するため、ぱぱの実家に行ってきました。
ぱぱのママが好意で用意してくれた湯たんぽで
低温やけどになりますた。

地味に痛いです、こんばんわ、加藤です。

ところで、ぱぱ。
おたくだし、モノをはっきりゆうし、わいわい騒ぐタイプではないし
お友達がいないんじゃないかと実はものすごく心配していたの。

でも少なくとも地元には友達がいるそうで、
何人かのお友達に紹介してもらうことになってた。

「何人くらいいるの?」
「2,3人くらいじゃね?」
「ぱぱほんとにお友達いないんじゃないかな。心配だお」
「ぱぱはニートだからね」

心配しながら居酒屋に行くとなんか20人くらいた
そいで、みんなで「おめでとー!」って。

そいで、ぱぱんちって築160年くらいの旧家なんだけど
一人が「ぱぱんちに行こうぜ。囲炉裏囲もうぜ」って

2軒目っていうと人数減るもんだけど
みんながぱぱんちに大集合してどんちゃん騒ぎ。
両親もおきてきて、ぱぱのぱぱが三味線ひいて民謡を歌ったり踊ったり。
みんな、なんつうかやっぱり「地元」って感じの空気があったかくて
私のことを受け入れてくれて、なんか祝福されてものすご幸せ感だった。


とはいえ私は、まだ「嫁」ではないけど、一応いそいそと動いたりしてたの。
そいで、たまたまキッチンでぱぱと二人になったときに、
思わずぱぱを抱きしめ

「ぱぱ!友達いるじゃない!」
スポンサーサイト
  1. 2008/01/07(月) 21:44:22|
  2. プチ不幸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どんだけ | ホーム | 2017年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lovebuzz95.blog51.fc2.com/tb.php/649-d30f592b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。